妊娠検査薬のフライング検査とは?

妊娠検査薬のフライング検査とは?




妊娠の期待と悩みについて調べたことを展開しています。
妊娠の情報に進みましょう。
妊娠検査薬というのは女性が自宅で自分自身で簡単に妊娠をしているかどうかを判定出来る検査薬のことです。

 

妊娠検査薬は薬局、ドラッグストアで特に何の手続きなどもなく購入することが出来ます。

 

尿を妊娠検査薬の先にかけて数分待つと、妊娠反応の陽性、陰性を判定出来ます。

 

妊娠検査薬の精度は非常に上がってきていて妊娠反応の陽性/陰性を非常に正確な判定が出来るようになってきています(妊娠検査薬によっては精度99.9%と言われています)が、使う側の使い方によっては正確な判定が出来ない場合もありますので注意が必要です。

 

正確に妊娠しているかどうかを判定出来ない場合の代表的な原因などについて書いてみます。

 

妊娠をしているか否かを出来るだけ早く知りたいという思いがあるので判定が出来るより早めの時期に検査してしまう場合です。




妊娠検査薬は妊娠をした時に胎盤から放出される絨毛性ゴナドトロピンというホルモンが尿中に排泄された濃度により妊娠の陽性もしくは陰性を判定しています。

 

妊娠週数が経過する程このホルモン濃度は高まっていき、生理予定日の1週間経過した時期から妊娠検査薬での妊娠の判定が可能となります。

 

したがって、正確を期するのならば妊娠検査薬をいつから使えば良いのかといえば、生理予定日を1週間過ぎた頃と言えるでしょう。

 

しかし個人差も多く、生理予定日3日前で約52%、2日前で約70%、1日前で約85%の人が妊娠陽性反応が出るという研究結果もあります。

 

ホルモン濃度が充分ではない時期に検査すると実際は妊娠をしていても妊娠陰性と判定される場合があります。



(妊娠検査薬の反応の色が薄い)最近ではこれを「妊娠検査薬のフライング検査」と呼ばれているようです。

 

生理不順の人はそもそも生理予定日が正確には分からないために、この妊娠検査薬による判定の正確さが低くなります。

 

こういう場合は時期をずらして再度検査する必要があります。

 

生理不順で生理の予定日が分かりにくい場合は、行為の3週間後を一つの目安として妊娠検査薬を使ってみてください。

 

妊娠反応が陽性と出た場合はほぼ確実に妊娠をしていると判断出来ます。

 

しかし陰性と出た場合でも妊娠検査薬の判定までの時間が短かった場合や水分を沢山摂って尿が薄すぎる場合や子宮外妊娠などの場合も陰性と出ますので、充分な時間(約10分が目安)の後に妊娠反応を判定したり、朝起きて一番初めの尿で検査したり(濃度が最も濃いため)、陰性であってもつわりなどの症状がある場合は産婦人科を受診するなど注意が必要です。

 

また妊娠検査薬で陽性と判定された場合でも、正常な妊娠か否かまでは不明です。

 

必ず産婦人科を受診して診察をしてもらうようにしましょう。



産婦人科関連情報の女医さんのいる産婦人科情報をまとめています。

なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。


あくまで、参照程度にお願いいたします。




山崎産科婦人科医院
〒658-0052
兵庫県神戸市東灘区住吉東町2丁目4−38
産婦人科
078-851-6490



東山産婦人科
〒569-0036
大阪府高槻市辻子3丁目10−3
産婦人科,婦人科,婦人科ドック
072-672-5335



戸賀崎産婦人科
〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2丁目6−14
産婦人科
045-251-7284



大宮レディスクリニック
〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目11−1
医院・診療所,産婦人科,婦人科
048-648-1657



なかなみクリニック
〒840-0016
佐賀県佐賀市南佐賀1丁目8−2
産科,産婦人科,性病科,婦人科
0952-28-5277

関連ページ

子宮外妊娠の兆候は、特徴的な症状が3つ
子宮外妊娠の兆候とは、特徴的な症状が3つあります。そもそも、子宮外妊娠とはなにかを簡単に説明しますと、子宮内腔以外に着床したすべての妊娠を子宮外妊娠といいます。妊娠全体の、約0.5%〜1%が子宮外妊娠になるといわれています。
排卵日の検査薬はどう使うのですか
妊娠検査薬とは異なり、排卵検査薬は排卵日のありそうな日の前後10日ほどの間継続して使用する事で排卵日を特定します。
簡単!排卵検査薬での検査
排卵日とはもっとも妊娠しやすい日ですから、妊娠したい人、または妊娠したくない人、どちらの人にも役に立ちます。排卵検査薬は薬局で簡単に手に入れることができますし、手軽に使用することができ、基礎体温の計測と排卵検査薬を共に活用すればより確実な判断が自分でできることにもなります。
自分で自覚症状により妊娠チェックをする
それまで待てないという人や、妊娠の可能性はあるのに妊娠検査薬では妊娠反応が出ないという人もいます。そこで自覚症状により妊娠チェックをすることもできます。妊娠チェックの定番といえるでしょう。妊娠検査薬を使う前に自覚症状でわかる妊娠チェックを自分でしてみるのもいいかもしれません。
妊娠検査薬の使う時期はいつでしょうか?
妊娠検査薬の反応によって、どうして妊娠の判定ができるのでしょうか。ですから妊娠検査薬の反応が陽性であれば、かなりの確率で妊娠しているといえます。ただ、妊娠検査薬で妊娠しているかどうかの反応を確かめる時に注意してほしいことがあります。
妊娠初期の兆候は決定的とは
妊娠の初期の兆候とは、妊娠をしたかもしれないというときに現れてくるごく初期の兆候で、一番顕著で、よく知られているのは、生理が止まることです。生理前になると、ホルモンの働きで胸が張る人もいますが、妊娠の兆候で胸が張る場合は、生理予定日を過ぎた頃から胸が張り始めます。
妊娠検査薬で失敗することは極まれにあること
極まれに妊娠検査薬で失敗をする人もいます。多くの場合は、尿が検査薬に掛かっていないまたは量が少ないというケースです。
排卵後、高温相が続いたら…
もし妊娠していたら排卵後、16日以上高温期が続くはずなのです。もし高温期が下がった場合は、体が次の月経の準備をしている事になります。