排卵後、高温相が続いたら…

排卵後、高温相が続いたら…



排卵後に高温期が来ることが女性の体の基礎ですが、妊娠を望む人で基礎体温を付けている人はどのくらいいるでしょう。面倒と思われがちな基礎体温ですが、近年では精密の良い体温計が出てわずか20秒ほどで計れるものがあるので昔に比べると気軽に続けられるようになったのではないでしょうか。

 

なぜ妊娠を望む人は、基礎体温を付けるか知っていますか?基礎体温は妊娠しやすい日、妊娠したかどうか、次回の月経の予測材料として活躍するからです。

 

他にもダイエットに適している日なども知ることが出来るので何も妊娠を望んでいない人にもおススメですよ。

 

女性の体のリズムは、卵胞期(月経時から排卵までの時期)→排卵期→黄体期→月経という順に定期的に訪れるものです。ホルモンバランスの崩れなどが生じると月経不順を起こします。



 

排卵後の卵子の寿命は24時間程度で精子は約3日間は受精する力があると言われています。その為妊娠しやすい期間として排卵前の3〜4日から排卵後の1〜2日となっています。

 

もし妊娠していたら排卵後、16日以上高温期が続くはずなのです。もし高温期が下がった場合は、体が次の月経の準備をしている事になります。

 

このように基礎体温を付けることでいち早く赤ちゃんの存在に気づくことが出来ますし、妊娠しやすいタイミングを知ることが出来ます。

 

ちなみにアドバイスとして、「妊娠したかも…」と思った時は、病院に行く前に市販の妊娠検査薬で確かめるようにしましょう。目安としては、月経予定日の1週間後です。


関連ページ

子宮外妊娠の兆候は、特徴的な症状が3つ
子宮外妊娠の兆候とは、特徴的な症状が3つあります。そもそも、子宮外妊娠とはなにかを簡単に説明しますと、子宮内腔以外に着床したすべての妊娠を子宮外妊娠といいます。妊娠全体の、約0.5%〜1%が子宮外妊娠になるといわれています。
排卵日の検査薬はどう使うのですか
妊娠検査薬とは異なり、排卵検査薬は排卵日のありそうな日の前後10日ほどの間継続して使用する事で排卵日を特定します。
簡単!排卵検査薬での検査
排卵日とはもっとも妊娠しやすい日ですから、妊娠したい人、または妊娠したくない人、どちらの人にも役に立ちます。排卵検査薬は薬局で簡単に手に入れることができますし、手軽に使用することができ、基礎体温の計測と排卵検査薬を共に活用すればより確実な判断が自分でできることにもなります。
自分で自覚症状により妊娠チェックをする
それまで待てないという人や、妊娠の可能性はあるのに妊娠検査薬では妊娠反応が出ないという人もいます。そこで自覚症状により妊娠チェックをすることもできます。妊娠チェックの定番といえるでしょう。妊娠検査薬を使う前に自覚症状でわかる妊娠チェックを自分でしてみるのもいいかもしれません。
妊娠検査薬のフライング検査とは?
尿を妊娠検査薬の先にかけて数分待つと、妊娠反応の陽性、陰性を判定出来ます。また妊娠検査薬で陽性と判定された場合でも、正常な妊娠か否かまでは不明です。
妊娠検査薬の使う時期はいつでしょうか?
妊娠検査薬の反応によって、どうして妊娠の判定ができるのでしょうか。ですから妊娠検査薬の反応が陽性であれば、かなりの確率で妊娠しているといえます。ただ、妊娠検査薬で妊娠しているかどうかの反応を確かめる時に注意してほしいことがあります。
妊娠初期の兆候は決定的とは
妊娠の初期の兆候とは、妊娠をしたかもしれないというときに現れてくるごく初期の兆候で、一番顕著で、よく知られているのは、生理が止まることです。生理前になると、ホルモンの働きで胸が張る人もいますが、妊娠の兆候で胸が張る場合は、生理予定日を過ぎた頃から胸が張り始めます。
妊娠検査薬で失敗することは極まれにあること
極まれに妊娠検査薬で失敗をする人もいます。多くの場合は、尿が検査薬に掛かっていないまたは量が少ないというケースです。