妊娠線についてとその予防法

妊娠線についてとその予防法




妊娠で悩まないためにのサイトとなるよう、参考情報を掲載しています。
妊娠の話題に入りましょう。
妊娠線とは、急激にお腹が大きくなると皮膚が伸びるのについていけず、縦にみみず割れのような線がいくつも出てくるのを言います。

 

赤ちゃんの成長に伴いおなかの皮膚が引っ張られ表皮下の真皮がひび割れてできる線を妊娠線といいます。

 

妊婦さんの約7割がこの妊娠線に頭を抱えています。



妊娠線はおなかが急激にせり出してくる時期にできやすく、また短期間での大幅な体重増加でも発生しやすいものです。

 

下腹部にできる妊娠線は気付かれにくく、出産後に初めて気付かれることも少なくないと思います。

 

痩せている人が急激に太ったりすると、そのような線ができますが、それと非常によく似ています。

 

妊娠線には、個人差があり、出来やすい人・出来にくい人がいるようです。

 

妊娠線ができるしくみですが、皮膚は表皮、真皮、皮下組織から成り立っています。

 

妊娠して腹部が大きくなるにつれて表皮は伸びることができますが、真皮や皮下組織の一部は伸びにくいため亀裂が生じ、赤紫色の線状斑が現れます。




これは結合組織の張力が大きすぎる、あるいは脂肪、太りすぎ、妊娠中の組織の伸張が原因で弾性素とコラーゲン繊維の亀裂が起きる状態になります。

 

特に妊娠線が痛むことはありませんが、かゆくなることがあります。

 

予防法としては強くかきこわしてしまわないようにしましょう。

 

妊娠線は産後、赤紫色の妊娠線が薄くなり白色に変わっていきますが、光にあたるとテカリがでたり、産前のお肌にもどることはありません。

 

早めの予防を心がけましょう。



産婦人科関連情報の女医さんのいる産婦人科情報をまとめています。

なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。


あくまで、参照程度にお願いいたします。




泉谷診療所
〒590-0011
大阪府堺市堺区香ケ丘町1丁3−9
医院・診療所,内科,婦人科
072-227-6011



ルミネレディースクリニック
〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西2丁目5
産科,産婦人科,婦人科
011-200-7700



青木産婦人科
〒156-0044
東京都世田谷区赤堤5丁目30−15
産婦人科,内科
03-3327-0702



美しが丘レディースクリニック
〒004-0813
北海道札幌市清田区美しが丘3条2丁目3−1
産科,産婦人科,婦人科
011-889-0303



中川産婦人科
〒989-6171
宮城県大崎市古川北町2丁目6−41
産科,婦人科
0229-23-0655

関連ページ

クリームを使った妊娠線の予防について
妊娠線を予防する方法の一つに、クリームを使ったものがあります。妊娠線が出るのは、お腹だけではありません。妊娠線が出たあとでも、目立たなくする効果があります。また、塗るだけで妊娠線を予防することができるクリームもあります。
妊娠線を消すのはかなり難しい
妊娠線を消すのって、とっても大変みたいです。消すことよりも、妊娠線を作らないように予防に力を入れるほうがよいかもしれません。
妊娠線のための予防クリーム
妊娠線の予防でよく用いられているのが、妊娠線予防クリームです。妊娠線予防クリームを使用して妊娠線予防マッサージを行うのには大変効果があるといわれています。特に、妊娠線予防クリームの中でも保湿性の高い妊娠線予防クリームを使用すれば、効果も絶大だということです。