妊娠線を消すのはかなり難しい

妊娠線を消すのはかなり難しい




妊娠と関連基礎知識のサイトを目標に関連記事や参考情報を集めています。
妊娠の基礎知識他を見ていきましょう。
妊娠線を消すのって、とっても大変みたいです。

 

皮膚の表面上の傷のようなモノと違い、妊娠線は皮下組織自体の亀裂によって出来るので、簡単に消す事ができないのです。

 

美容整形やクリニックで広告されていますが、なんと言っても皮膚深いところからできるので、しかも線状に長くたくさん広がっているのが妊娠線ですから、やはり目立たなくするといった程度の治療でしか出来ないみたいです。



妊娠線を消すことで、確かに自分の体を出産前に戻すと言うことになるとは思いますが、時間とお金は無限では無いので、ある程度の所で妥協するしかないかもしれません。

 

妊娠線に対してどこまでシビアになる必要があるかと言うと、身体を露出する機会が多いモデルさんでもない限りは、あまりお金や時間はかけられないのが現状です。

 

消すことよりも、妊娠線を作らないように予防に力を入れるほうがよいかもしれません。

 

妊娠線を消すには、急激な体重増加に注意する・バランスの良い食事を摂る・妊娠線予防クリームを塗りマッサージするなどが原則となるようです。




妊娠線を消すには美容整形外科という方法もあると述べましたが、妊娠線は放射状に広がる無数の線ですから、範囲と元の部位の深さが妊娠線を消すに当たってとっても難しく、妊娠線を消す、すなわち皮膚の真皮や皮下組織の亀裂を外科的に治療する事と言うのは、皮膚のシミやソバカスを除去するように上手くは行かないのです。

 

お腹の中からの押し出す力に耐えられずに皮膚の真皮や皮下組織が裂かれた状態になっていますから、妊娠線の表面からレーザーや外科治療によって妊娠線を消すって事は、かなり難しいと考えられています。



産婦人科関連情報の女医さんのいる産婦人科情報をまとめています。

なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。


あくまで、参照程度にお願いいたします。




中野レディースクリニック
〒114-0002
東京都北区王子2丁目30−6
産婦人科
03-5390-6030



一関病院
〒021-0884
岩手県一関市大手町3−36
総合病院,アレルギー科,眼科,外科,呼吸器科,産婦人科,耳鼻咽喉科,消化器科,小児科,整形外科,内科,脳神経外科,泌尿器科,皮膚科
0191-23-2050



清水産婦人科クリニック
〒132-0035
東京都江戸川区平井6丁目2−30
医院・診療所,産科,産婦人科
03-3613-5555



いけの産婦人科小児科医院
〒985-0004
宮城県塩竈市藤倉3丁目17−5
産婦人科,小児科
022-367-1110



おかむらクリニック
〒197-0011
東京都福生市大字福生886−4
産科,産婦人科,内科,婦人科
042-530-5644

関連ページ

妊娠線についてとその予防法
妊婦さんの約7割がこの妊娠線に頭を抱えています。妊娠線には、個人差があり、出来やすい人・出来にくい人がいるようです。妊娠線ができるしくみですが、皮膚は表皮、真皮、皮下組織から成り立っています。特に妊娠線が痛むことはありませんが、かゆくなることがあります。
クリームを使った妊娠線の予防について
妊娠線を予防する方法の一つに、クリームを使ったものがあります。妊娠線が出るのは、お腹だけではありません。妊娠線が出たあとでも、目立たなくする効果があります。また、塗るだけで妊娠線を予防することができるクリームもあります。
妊娠線のための予防クリーム
妊娠線の予防でよく用いられているのが、妊娠線予防クリームです。妊娠線予防クリームを使用して妊娠線予防マッサージを行うのには大変効果があるといわれています。特に、妊娠線予防クリームの中でも保湿性の高い妊娠線予防クリームを使用すれば、効果も絶大だということです。