妊娠時の基礎体温の波形のパターン

妊娠時の基礎体温の波形のパターン




妊娠で不安にならないために必要な情報、基礎知識を集め記事にまとめています。
妊娠の話題に入りましょう。
妊娠時には、基礎体温の高温期が続きます。

 

ですので、妊娠を希望する女性にとっては、毎日基礎体温を測定して、基礎体温表をつけることが大変重要です。

 

基礎体温を測るには、普通の体温計ではなく婦人体温計(基礎体温計)で計ります。

 

基礎体温計にも、電子体温計もあれば、昔ながらの水銀式のものもあります。

 

電子体温計の仕組みは、メモリに体温が上昇するパターンを記憶させて、そのパターンから予測して短時間で温度を表示するというものです。

 

ですので、必ずしも正確な体温を表示しているわけではありません。



とはいえ、基礎体温は温度変化が重要ですので、温度に多少の誤差があったとしても、変化のカーブが描けるわけですので、長期間、同じ電子体温計を使用するのであれば、全く支障はありません。

 

正確な体温を計測するという目的では、水銀式の体温計で5分以上計測するのが望ましいとされます。

 

基礎体温を毎日計るのは面倒ですが、身体のリズムを知ることが出来ますので、頑張りたいものです。

 

さて、基礎体温表をグラフにすると、体温の低い時期(低温相)と高い時期(高温相)の二相曲線になります。

 

排卵のある女性の基礎体温は、生理開始日から排卵日までは低温期が続き、排卵日を境に体温は0.3℃〜0.5℃上昇し高温期となります。

 

一方、妊娠時女性の基礎体温は、非妊娠時の基礎体温より高温相が続きます。




これは妊娠を持続するためにプロゲステロンが増えるからです。

 

確実に高温期となった日から3週間以上の高温期が続いている場合、妊娠の可能性があります。

 

妊娠以外にも、基礎体温の変化は身体のいろいろなサインを教えてくれます。

 

基礎体温の理想的な波形は、高温期が12〜14日で高温期と低温期の差が0.3〜0.5度、低温から高温へ1〜2日以内に移行する波形です。



例えば、基礎体温の高温期が短いタイプでは、生殖器の冷え、あるいは子宮が冷えて、血液循環が悪い状態です。

 

卵胞の発育や黄体の機能が悪く着床しにくいので、妊娠しにくい状態といえます。

 

他にも、いろいろな波形のパターンがありますので、よく観察することが大切です。



産婦人科関連情報の女医さんのいる産婦人科情報をまとめています。

なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。


あくまで、参照程度にお願いいたします。




神谷産婦人科
〒571-0046
大阪府門真市本町25−8
産科,産婦人科,小児科,内科,婦人科
06-6908-5156



丸子中央総合病院
〒386-0404
長野県上田市上丸子335−5
総合病院,眼科,形成外科,外科,耳鼻咽喉科,心療内科,整形外科,精神科,内科,人間ドック,泌尿器科,皮膚科,婦人科,放射線科
0268-42-1111



ゆかりレディースクリニック
〒650-0021
兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目4−9
産婦人科,婦人科
078-391-7887



林レディースクリニック
〒229-0025
神奈川県相模原市緑が丘2丁目28−5
産婦人科,婦人科
042-752-1105



刈谷豊田総合病院
〒448-0852
愛知県刈谷市住吉町5丁目15
総合病院,病院・療養所,眼科,外科,産婦人科,歯科,歯科口腔外科,耳鼻咽喉科,循環器科,小児科,神経内科,心臓血管外科,整形外科,精神科,内科,脳神経外科,泌尿器科,皮膚科,放射線科,麻酔科,リハビリテーション科
0566-21-2450

関連ページ

月経前症候群について
簡単に言えば、月経前に体や気持ちの調子が悪くなり様々な症状が現れますが、月経が始めると共に自然に症状が軽くなっていくことを月経前症候群といいます。女性は自分の月経周期を把握し、月経前症候群を自覚することが必要です。
妊娠周期の開始は、最終月経の初日です
この妊娠何週とか、何ヶ月とか、言い表すことを妊娠周期といいます。ですから、最終月経初日から6日までを妊娠0週として数えるのです。そうしないと、いざ妊娠したときに正しい妊娠周期が分からなくなりますからね。そして、排卵日は妊娠2週0日と定められています。
基礎体温や基礎体温表(グラフ)について
基礎体温表(基礎体温グラフ:BBT)というのは何のことかご存じでしょうか?そこで基礎体温や基礎体温表(グラフ)についての情報をお知らせしてみなさんに正しく使って頂きたいと思います。ただしこの基礎体温、基礎体温表(グラフ)だけを活用した妊娠や避妊への活用は100%成功するわけではありませんので他の方法なども活用していくのが一般的です。
基礎体温表(グラフ)を無料ダウンロード
基礎体温表(基礎体温グラフ:BBT)のダウンロード(自分のパソコンに情報(この場合基礎体温表)を取り寄せ、ファイルに保存すること)することが出来ることを知っていますか?
妊娠周期の算定方法について
女性の出産率低下が問題になって久しいですが、既婚の女性が妊娠しないわけではなく、女性全体で妊娠・出産率が低下しているのが現状です。正確な妊娠周期の算定だけでなく、出産までのケアを考えれば、医療機関での検査が安心です。
妊娠8ヶ月は妊娠中毒症がもっとも心配な時期
いよいよ妊娠後期に入りました。運動不足による体重増加を防ぐために少しでも体を動かした方がよいということと、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の早期発見のためです。そう、妊娠8ヶ月は妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)がもっとも心配な時期なのです。
妊娠初期の独特の症状
この妊娠初期の時期には、つまり、妊娠1ヶ月目には、妊娠初期の独特の症状が現れてきます。ちなみに妊娠が成立するのは妊娠3週目頃で、この時期は、まだ妊娠に気づかないでいる人がほとんどです。胎盤が出来てくるのは妊娠4ヶ月頃となります。
生理の周期から排卵日を割り出す計算
排卵日の計算方法は、生理の周期から排卵日を割り出す計算が簡単です。生理の周期が、28日間(4週間)の場合だと、生理が始まってから14日後(2週間後)あたりが排卵日になります。その後、排卵日から14日後(2週間後)に生理が始まります。
妊娠カレンダーとは毎日のアドバイスを
妊婦カレンダーとは、妊娠期間中の毎日のアドバイスを見ることが出来るインターネット上のカレンダーのことです。妊娠カレンダーを利用するには、まず、自分の出産予定日を入力します。そうすると自分専用の妊娠カレンダーが出来上がります。また「マドンナ net」というサイトでも妊娠カレンダーが利用できます。
基礎体温表を計る体温計はどういうのがいいのですか?
おススメな体温計は、少し値段は高いですが短時間で計れるタイプのものを選ぶと良いでしょう。理想としては毎日付けておくと良いのですが、2,3日に1回のペースでも構わないので長く続けるというところが重要です。
妊娠周期のカレンダーの役割
妊娠周期のカレンダーを知っていますか?産婦人科などに行くと待合室に貼られていることもあるので、見たことがあるという人もきっといるかと思います。カレンダーと言っても普通に1月〜12月までのものではなく、妊娠周期が書かれているものです。
排卵期チェッカーの凄さとは?
おススメなのが排卵期チェッカーです。なんとレンズの裏側に唾液を付けるだけで、排卵日が分かるという優れものです。