排卵期チェッカーの凄さとは?

排卵期チェッカーの凄さとは?



排卵期チェッカーという医療器具を知っていますか?ドラックストアなどで販売されているものではないので、名前すら聞いたことが無いという人は多いかと思います。

 

簡単に説明すると、排卵日が分かる医療器具のことです。毎月、定期的に月経がきているという人は排卵日を予測する事は簡単かもしれませんが、月経不順の人など周期がバラバラな人にとっては排卵日を予測する事は非常に困難なことなのです。

 

医師に月経不順を相談するとまず最初に、基礎体温を付けることを勧められるでしょう。

 

しかし基礎体温は、起床したら体を起こす前に必ず計らなければいけなく、それも出来れば毎日やることで月経不順の原因を解明する材料となります。

 

病院によっては毎日でなくても2〜3日に1回の程度でも構わないというところもありますが、それすら面倒くさがって続かなそう…という人は結構多いのではないでしょうか。



 

そこでおススメなのが排卵期チェッカーです。なんとレンズの裏側に唾液を付けるだけで、排卵日が分かるという優れものです。私は使用した事がないので詳しいことは分かりませんが、何でも唾液の結晶の形によって見分けるそうです。また、電池を交換すれば何回でも使えますし、アメリカFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)公認の医療用具として販売されているので安心です。何より判定確率も85%正確という結果を持っているのです。

 

値段は約6,000円前後で購入できるようです。しかし口コミや体験談を見ると、人によって合う・合わないの意見がハッキリわかれているので興味がある人は口コミなどを1度参考にしてみてはいかがでしょうか。


関連ページ

月経前症候群について
簡単に言えば、月経前に体や気持ちの調子が悪くなり様々な症状が現れますが、月経が始めると共に自然に症状が軽くなっていくことを月経前症候群といいます。女性は自分の月経周期を把握し、月経前症候群を自覚することが必要です。
妊娠周期の開始は、最終月経の初日です
この妊娠何週とか、何ヶ月とか、言い表すことを妊娠周期といいます。ですから、最終月経初日から6日までを妊娠0週として数えるのです。そうしないと、いざ妊娠したときに正しい妊娠周期が分からなくなりますからね。そして、排卵日は妊娠2週0日と定められています。
基礎体温や基礎体温表(グラフ)について
基礎体温表(基礎体温グラフ:BBT)というのは何のことかご存じでしょうか?そこで基礎体温や基礎体温表(グラフ)についての情報をお知らせしてみなさんに正しく使って頂きたいと思います。ただしこの基礎体温、基礎体温表(グラフ)だけを活用した妊娠や避妊への活用は100%成功するわけではありませんので他の方法なども活用していくのが一般的です。
基礎体温表(グラフ)を無料ダウンロード
基礎体温表(基礎体温グラフ:BBT)のダウンロード(自分のパソコンに情報(この場合基礎体温表)を取り寄せ、ファイルに保存すること)することが出来ることを知っていますか?
妊娠周期の算定方法について
女性の出産率低下が問題になって久しいですが、既婚の女性が妊娠しないわけではなく、女性全体で妊娠・出産率が低下しているのが現状です。正確な妊娠周期の算定だけでなく、出産までのケアを考えれば、医療機関での検査が安心です。
妊娠8ヶ月は妊娠中毒症がもっとも心配な時期
いよいよ妊娠後期に入りました。運動不足による体重増加を防ぐために少しでも体を動かした方がよいということと、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の早期発見のためです。そう、妊娠8ヶ月は妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)がもっとも心配な時期なのです。
妊娠初期の独特の症状
この妊娠初期の時期には、つまり、妊娠1ヶ月目には、妊娠初期の独特の症状が現れてきます。ちなみに妊娠が成立するのは妊娠3週目頃で、この時期は、まだ妊娠に気づかないでいる人がほとんどです。胎盤が出来てくるのは妊娠4ヶ月頃となります。
生理の周期から排卵日を割り出す計算
排卵日の計算方法は、生理の周期から排卵日を割り出す計算が簡単です。生理の周期が、28日間(4週間)の場合だと、生理が始まってから14日後(2週間後)あたりが排卵日になります。その後、排卵日から14日後(2週間後)に生理が始まります。
妊娠カレンダーとは毎日のアドバイスを
妊婦カレンダーとは、妊娠期間中の毎日のアドバイスを見ることが出来るインターネット上のカレンダーのことです。妊娠カレンダーを利用するには、まず、自分の出産予定日を入力します。そうすると自分専用の妊娠カレンダーが出来上がります。また「マドンナ net」というサイトでも妊娠カレンダーが利用できます。
妊娠時の基礎体温の波形のパターン
妊娠時には、基礎体温の高温期が続きます。基礎体温を測るには、普通の体温計ではなく婦人体温計(基礎体温計)で計ります。一方、妊娠時女性の基礎体温は、非妊娠時の基礎体温より高温相が続きます。
基礎体温表を計る体温計はどういうのがいいのですか?
おススメな体温計は、少し値段は高いですが短時間で計れるタイプのものを選ぶと良いでしょう。理想としては毎日付けておくと良いのですが、2,3日に1回のペースでも構わないので長く続けるというところが重要です。
妊娠周期のカレンダーの役割
妊娠周期のカレンダーを知っていますか?産婦人科などに行くと待合室に貼られていることもあるので、見たことがあるという人もきっといるかと思います。カレンダーと言っても普通に1月〜12月までのものではなく、妊娠周期が書かれているものです。