産み分けで男の子を望むなら

産み分けで男の子を望むなら




妊娠で不安にならないために必要な情報、基礎知識を集め記事にまとめています。
ここから先が妊娠の本題です。
産み分けで男の子を授かる確率が高いのは、排卵日当日に行為をすることです。

 

男の子となるY精子は、酸に弱い性質を持っています。

 

女性の膣内は通常は酸性で、排卵日にはアルカリ性が強くなります。

 

そのためY精子が活発に活動できる排卵日当日に交渉を行うことで、産み分けで男の子を受精する確率が高くなります。

 

そのほか、産み分けで男の子にするには、カフェインの影響も強いといわれています。



交わる30分ほど前に男性がカフェインを摂取することで、Y精子の活動が活発になるといわれています。

 

一時的に膣内をアルカリ性に保つため、重曹などを使う人もいます。

 

行為の直前に膣内を重曹で洗い、Y精子の活動を高めるというものです。

 

この産み分け方法で男の子が授かる確率は低いといえますが、家庭で手軽にできる方法として知られています。

 

また、産み分けで男の子を希望する場合、病院などで「リンカル」という薬が処方されることがあります。




リンカルを使用しての産み分けで、男の子を妊娠する確率はかなり高くはなりますが、それでも100%ではありません。

 

100%の確率で産み分けをし、男の子を出産しようと思えば、Y精子のみを取り出しての人工授精になります。

 

ただ、この方法は法律で禁じられています。

 

男女の性別にこだわりたい気持ちも分かりますが、ある程度は自然の摂理も働きます。

 

どのような方法をとっても100%はありえず、「確率が高くなる」という程度なのです。



産婦人科関連情報の女医さんのいる産婦人科情報をまとめています。

なお、最新の情報を取得するよう注意はしておりますが、保証の限りではありません。


あくまで、参照程度にお願いいたします。




高品内科婦人科医院
〒264-0024
千葉県千葉市若葉区高品町1589−15
胃腸科,呼吸器科,循環器科,内科,婦人科
043-226-4800



葵町クリニック
〒640-8273
和歌山県和歌山市葵町2−33
胃腸科,外科,肛門科,産婦人科,消化器科,小児科,内科
073-432-7876



和久田クリニック
〒573-0084
大阪府枚方市香里ケ丘10丁目3732−14
胃腸科,外科,産婦人科,内科,婦人科
072-837-5688



クリニック和田
〒720-0824
広島県福山市多治米町2丁目14−12
胃腸科,産科,産婦人科,小児科,内科
084-953-8292



八木産婦人科医院
〒862-0950
熊本県熊本市水前寺1丁目19−5
産科,産婦人科
096-383-2311

関連ページ

男女の産み分けについて
性別は、受精したときにY精子かX精子かで決まります。また、風水を利用した男女の産み分けもあります。桃とザクロを置く方角で、男女の産み分けを行うものです。そのほかの男女の産み分けとしては、中国式やブラジル式などのカレンダーを利用したものがあります。
パーコール法産み分けとはほぼ100%です
パーコール法による産み分けの確率は、ほぼ100%です。ただし、現在ではパーコール法による産み分けは一部を除き、違法となっています。パーコール法による産み分けは、特別な理由がなければ認められません。パーコール法による産み分けは、こうした危険性を回避する場合にのみ許可されます。
中国式の産み分けは13世紀からの歴史
中国式産み分け法の歴史は、13世紀にさかのぼります。この2つを中国式産み分け表に照らし合わせ、男女の産み分けを行います。そういった社会的背景もあり、中国式産み分け法が広まっています。確率としては中国人で99%、アジア人で90%、アメリカ人で85%という数字がでています。
性別を判断するには。女の子?
妊娠した後に気いなるのは、やはり性別でしょうか。どちらでも良いという人もいれば、どちらかというと女の子(男の子)が欲しいという人もいるでしょう。どちらにせよ、自分の可愛い子供には変わりありませんよね。