性別を判断するには。女の子?

性別を判断するには。女の子?



妊娠はとても嬉しいものですよね。妊娠した後に気いなるのは、やはり性別でしょうか。どちらでも良いという人もいれば、どちらかというと女の子(男の子)が欲しいという人もいるでしょう。どちらにせよ、自分の可愛い子供には変わりありませんよね。

 

主に医師がエコーで赤ちゃんを見て、性別を判断しますがそれは100%とはいきません。陰でおちんちんが見えなかったり、へその緒がおちんちんに見えたりすることもよくあります。
その為、女の子と言われてたけれど実際には男の子だったということや、もちろんその逆もあります。性別が分かっていれば、ベビー服やあらゆるグッズを買っておく際に便利ですよね。最近では、女の子でも男の子でもに合うように黄色い洋服やグッズを買う人が多いようです。



 

また、方法として染色体検査というのもあります。しかし染色体検査は、費用がかかりますし日にちも1カ月ほどかかります。染色体検査で性別のほかにダウン症など異常を発見する際にも使われますが、あまりおススメは出来ません。病院でも方針とは違うということで受け付けをしてないところもあります。それには、異常が発見された後のことを考えてです。産むか産まないかの葛藤もありますし、もしかしたら流産を決断するかもしれないからです。

 

性別は気になるものですが、産まれてくるその時まで楽しみにしておくのも良いのではないでしょうか。どちらにせよ可愛いわが子には違いありません。


関連ページ

産み分けで男の子を望むなら
産み分けで男の子を授かる確率が高いのは、排卵日当日に性交渉を行うことです。そのためY精子が活発に活動できる排卵日当日に性交渉を行うことで、産み分けで男の子を受精する確率が高くなります。
男女の産み分けについて
性別は、受精したときにY精子かX精子かで決まります。また、風水を利用した男女の産み分けもあります。桃とザクロを置く方角で、男女の産み分けを行うものです。そのほかの男女の産み分けとしては、中国式やブラジル式などのカレンダーを利用したものがあります。
パーコール法産み分けとはほぼ100%です
パーコール法による産み分けの確率は、ほぼ100%です。ただし、現在ではパーコール法による産み分けは一部を除き、違法となっています。パーコール法による産み分けは、特別な理由がなければ認められません。パーコール法による産み分けは、こうした危険性を回避する場合にのみ許可されます。
中国式の産み分けは13世紀からの歴史
中国式産み分け法の歴史は、13世紀にさかのぼります。この2つを中国式産み分け表に照らし合わせ、男女の産み分けを行います。そういった社会的背景もあり、中国式産み分け法が広まっています。確率としては中国人で99%、アジア人で90%、アメリカ人で85%という数字がでています。